周陶房「多面花生」

画像をクリックして拡大イメージを表示

周陶房(あまねとうぼう)
山梨県南巨摩郡富士川町高下2262

1973 京都・長谷川勇氏に師事 磁器を学ぶ
1976 渡欧 ヨーロッパ各地を巡り
1979 九州・民芸を学ぶ
1983 信楽・古谷道生氏に師事 穴窯にて焼成
1986 山梨・周陶房 現在に至る 

穴窯による自然釉焼〆という、古来からある伝統的手法で、食の器であれば食欲をそそり、花の器であれば花が美しく生き生きと見える、そんな器が作れるように、富士山の見える山梨県富士川町の陶房で日々、いまの時代に合う焼物を目指して作陶している。

大きさ
18×18×27cm

※一つ一つ手作りですので大きさや、色合いが異なります。商品写真に近い焼物となりますことご了承ください。

送料についてはこちら »

周陶房「多面花生」
商品コード:AMANE-05

【 販売価格 】¥90,000(税別)
在庫状態 : 在庫有り
数量